DN-EPS
Direct & Natural feeling  Electric Power Steering


 TOP

 概要


 主な技術

 実施例

 長所

 短所

 補足

概要

DN-EPSは、直進時や高速走行時など、
アシストが不要なときには、
マニュアルステアリングの状態にすることにより、
直進安定性と操舵フィーリングとを向上させます。

従来型EPS
DN−EPS





















○ 上左図の従来型EPSでは、
   アシストモータとステアリング軸とは、決められた一定の関係で動くため、
   アシストが不要なときには、アシストモータと減速機は、
   ステアリング軸の動きの負荷になります。
   そして、そのときのアシストモータと減速機内部の摺動部は、
   動摩擦になったり、静止摩擦になったり、負荷が急激に変化しますが、
   操舵力に対して、この負荷の変化量の割合が多くなるような、
   中立位置付近の微小な操舵では、
   摺動部のスティック・アンド・スリップ現象と、
   偏差がある程度ないと制御しないフィードバック制御により、
   目的の操舵角度位置にすることができないため、
   常に、右や左に修正舵が必要な、不自然な操舵フィーリングです。

   また、トルクセンサ内のトーションバーは細くて捩れ易いため、
   ステアリング軸の動きはアシストモータが支配的であり、
   タイヤとステアリングホイールとの間の力や動きは
   減速機でほぼ遮断されますので、
   ステアリングインフォメーションは乏しいです。


○ 上右図のDN−EPSでは、
   アシストが不要なときには、アシストモータを制御することにより、
   ステアリング軸との間の動力の伝達を切断しますので、
   アシストモータは、ステアリング軸の動きの負荷にはなりません。
   そのため、操舵力に対して、操舵機構内の摺動部の摩擦よる負荷の
   割合は常に小さいので、滑らかに操舵することができるため、
   容易に任意の操舵角度位置にすることができます。
   さらに、ステアリング機構は、セルフアライニングトルクによって、
   常に、直進の位置になろうとしますので、
   中立位置付近の微小な操舵では、
   操舵力の強弱で容易に操舵角度を変化させることができるため、
   操舵が楽で、自然な操舵フィーリングです。

   また、トルクセンサ内のトーションバーは太くて捩れ難いため、
   タイヤとステアリングホイールとの間の力や動きは
   双方向にリアルタイムに伝わるので、
   ステアリングインフォメーションはダイレクト且つ豊かです。