有限会社 レンテック
〒194-0023 東京都町田市旭町3丁目14−3
TEL 042-725-6267 E-Mail : info@lentek.co.jp
EPS_TOP
NM-1
Neutral Maker for Electric Power Steering
効果



下記の説明の他に、乗り物とホビーのブログメディア「ワンダードライビング」に
NM−1装着車の試乗レポート
」が掲載されておりますので、是非とも併せてご覧ください。


効果


実験装置の動画は、直進時や旋回からの直進戻りなどの、EPSがアシストしない状況を
想定して、EPSのアシストモーターを駆動回路から切り離した状態での効果を示しています。

1.NM−1無し

EPSが不自然な操舵フィーリングになる主な原因は、
アシスト機構の減速機とアシストモーター内部の摩擦力です。


NM−1を取り付ける前のEPSでは、
ステアリングホイール外周の、
右側に約1kgの重り(ダンベル)と
左側に200gの分銅とを取り付けた、
左右の重さの差が0.8kg以下では停止し、
0.8kg以上で回転を始めるものです。

ステアリング ホイールの直径はφ370mmなので、
起動トルク = 0.8kg x 9.8N/kg x ( 0.37 / 2 )m
        = 約 1.45Nm




2.NM−1有り

 2−1
  NM−1が制御することにより、ステアリングホイールは
  小さな力で動き始めますので、
  滑らかな操舵が可能になり、微舵もごく自然にできます。
  特に、直進時の操舵が、ストレス無く、快適になります。


起動トルクが約 1.45NmだったEPSに
NM−1を取り付けて、制御をONにすると、
ステアリングホイール外周の片側に
取り付けた、140g以上の分銅で動き始めます。
(左の動画は200gの分銅です。)

起動トルク = 0.14kg x 9.8N/kg x ( 0.37 / 2 )m
        = 約 0.25Nm

0.25Nm / 1.45Nm = 約 0.175
起動トルクは20%以下になります


一般的に動摩擦係数は静止摩擦係数の
数分の一になるので、動くと操舵力が小さく
なりますが、起動トルクが小さくなると、
その差も小さくなりますので、
起動時の操舵力
を小さく感じると共に、
滑らかに感じます。



 2−2
  NM−1の制御により、前輪タイヤからの小さな力も
  アシスト機構で遮断されることがないので、
  セルフ アライニング トルクによって直進に戻りやすくなり、
  また、ステアリング インフォメーションも豊かになり、
  さらに、高速道路など、カーブの外側が高く施工された道路では、
  車両がカーブに沿って自ら曲がろうとします。


起動トルクが約 1.45NmだったEPSに、
NM−1を取り付けて、制御をONにすると、
前輪に繋がるインターミディエイトシャフトを
接続する側のスプライン部を、指で摘まんで
回せるようになります。
( スプライン部の外径は約φ17.5mmです。 )





 2−3
  上記2−1、2−2の走行中の効果例


(テスト車両は、ダイハツ ミライース LA300S です。)


緩い左カーブを旋回中にNM−1の制御を
ONにすると、
EPSのアシスト機構内の摩擦力で曲がった
状態で停止しているステアリングホイールが、
セルフアライングトルクによって、
自ら、ほぼ直進に戻ります。

そのため、NM−1の制御をONにしている
時に、左旋回から直進に戻る場合は、
時計方向に回ろうとするステアリング
ホイールの動きを止めている手の力を緩める
だけです。
手で時計方向に力を加えて直進にする必要は
ありません。
ごく自然な動きです。